PELLICOPELLICO

The Mood BoardThe Mood Board

Atelier PELLICO

02

  • 自然界からもらう
    力強い“ビビッドカラー”

    ブルー、イエロー、ピンク、オレンジ、グリーン…。2017年春夏のペリーコを彩るのは、そんな弾けるカラーパレット。イメージソースは、スペインのカナリア諸島。深いブルーからコバルトブルーへグラデーションを描く大西洋、そこに住むカラフルなジェリーフィッシュの群れ。そして、雲ひとつない空をめがけ伸びる木々からさす木漏れ日と遊ぶように、カナリアンバードたちがさえずって…。さまざまな景色が共存する自然界からのインスピレーションは、プレイフルでポジティブ。目にも鮮やかな発色は、経験豊富な職人技の賜物です。なかでも、なめらかな山羊革スエードは、イタリアで屈指のタンナーであるステファニア社のもの。粒子が細かく毛羽立ちが少ないため、色がぶれずに定着します。

  • “ペールカラー”は
    砂浜に似合う優しいトーンで…

    真っ青な海が目前に広がる柔らかい色の砂浜に、太陽を浴びながらコロンと転がるサンダルがなんとも愛らしい。この春夏のペリーコでは、そうした心穏やかなイメージから砂の色に溶け込むような淡いトーンが生まれました。例えばそこに繊細にラメを散りばめたり、プルンとした艶のあるパテントやガラス素材で表現したり、変幻する色合いも職人たちの小粋な演出。色は気持ちを表し、印象をつくるディテールのひとつ。ときには、うちに秘めた情熱にベールをかけるように、たおやかに振るまいたい、そんな日もある−−。柔らかな色に身を任せて、ニュートラルな自分に戻る瞬間のあどけない横顔。そんな一面もまた、その人を形づくる魅力のひとつになるはずだから…。

  • “ニュアンスカラー”に
    なりたい自分を託して…

    定番人気のニュアンスカラーは、2017年春夏も健在。グレー、ベージュ、オリーブ、モカなど、肌のトーンになじみつつシックに映える色みにこだわり続けています。ひとえにニュアンスカラーといっても、その表現力は素材によって無限の広がりを見せます。より艶っぽい女らしさがほしければパテント、落ち着いた上品さがほしければマットなスエード、ちょっとスパイスをきかせたいならパイソンの型押しやスタッズがあしらわれたタイプを…。ペリーコが誇る最上級の素材やフォルム、デザインの豊かさが、見慣れたニュアンスカラーに新たな色を添え、なりたい女性像に近づくための後押しになってくれることを願って。

  • share this article