PELLICOPELLICOPELLICO

Atelier PELLICO

09

この春夏の主役は この春夏の主役は
気の遠くなるような時間をかけて 気の遠くなるような時間をかけて
職人が丁寧に仕上げた 職人が丁寧に仕上げた
  • この春夏の主役は

    スクエアトゥ&アシンメトリーヒール

    幅の広いスクエアトゥに左右非対称にほんのり広がるチャンキーヒール…。デザイナーのルカ・パンパニンが「この木型があることで、コレクションが"ウェイクアップする"」と明言する「SILVER(シルバー)」。その名の通り、反射してパキッと光り輝くように存在感を放ち、コレクション全体にフレッシュな風を呼び込む立役者といえます。これまでのクラシックなオープントゥとは異なり、キャラクターの立つサンダルを作りたいというルカのチャレンジ精神を形にした、この春夏のペリーコを際立たせる木型が誕生しました。

  • 気の遠くなるような時間をかけて

    見つけたベストバランス

    幅広のスクエアトゥに太いヒール。ともすれば強すぎる印象を与える足元を、洗練された印象に導くのが、双方のバランス。ヒールは、前を裾広がり、後ろを少し内側にラウンドさせることで、パワフルな一面を残しながら、品位ある面持ちに。そして、この木型を最大限に生かすのが8cmと5cmのヒールです。木型は、1mm単位で靴の仕上がりの印象がまったく変わるもの。その木型とこのヒールの組み合わせにたどり着くまでに、いく度も木型を作っては捨て、作っては捨て…。つくり手たちの追求心があったからこそたどり着いたベストバランスなのです。

  • 職人が丁寧に仕上げた

    ステッチやパイピングが粋

    この木型をつくる前、すでにデザインの構想が頭のなかにあったというデザイナーのルカ。縁のさりげないディテールによって驚くほど新鮮な空気に包まれたそのデザインが、個性あるトゥやヒールの源流となったのです。新しいチャレンジを考えたとき、華美な装飾に走らず、職人技が根ざす素朴なハンドステッチやパイピングを選ぶあたり、ペリーコらしいたおやかなスピリットが感じられます。これから、素足にサンダルが楽しい季節。キャッチーなバイカラーのサンダルが、高揚感のあるおしゃれを約束します。

  • share this article

Check this Tip’s Items

BACK NUMBER